2014/08/30 12:52:30 |

看護師ときいて、白衣の天使!と連想する方も多いようですが実際の看護師さんは全然天使なんかじゃない。強気な女性が多いですよ。

 

むしろ男性で看護師している人のほうが優しいです。男性看護師は女性看護師の尻に敷かれている訳です(笑)幻想を抱くのは勝手ですが、思ってたのと違ったってショック受けられても困ります。あとは周りを見ていると、離婚家庭で育った人が多いですし離婚率も高いです。

 

看護師になろう、と思う理由が「安定した収入」「女性が一人で生きていける」というところにある人が多いんでしょうね。キャリアウーマンは結婚出来ない!?なんて言われるのもわかる気がします。

 

私もそうですが。看護師はどこの都道府県に行っても働けるし、子供を産んでからの働き口も多い職業ですからね。そんな状況になっても働く!というたくましい女性が多いので決して何時も笑顔で優しい天使ではないです。

 

中にはそんな天使もいるのかもしれませんが…今までであったことがないですね。そして看護師に取っては白衣は作業着ですのであしからず(笑)

2014/08/30 12:52:30 |

先日友達に「病院ってボーナス出るの?」って聞かれましたがもちろん出ますよ!

 

そこは安定した収入をうりにしている看護師ですものボーナスはちゃんとあります。

 

だいたい6月と12月の2回あります。どれくらいもらえるかは病院によりますが。ちなみに今勤めている病院はボーナス少ないし、夏のボーナスは出るのが遅くて7月末日ですって。

 

ひきのばしてなにか意味があるのか…?とかおもうわけですが大人の事情があるんですかね。ボーナスもいれて、年収は計算されるのでだいたい500万がボーダーラインです。

 

だいたいの病院で働く看護師は年収500万だとおもっておけばだいたいあってます。もちろんプラスマイナスはあります。私は500万いっていませんし、1年目なのか20年目なのかでも違います。役職ついてるついてないとかも…

 

保健師の求人に比べると職場によってボーナス額の差が大きい印象があります。

 

特に精神科は給料が安い傾向にあるので、忙しい救急外来勤務よりも少なくなります。残業ほぼないのでそりゃあそうですよね。って話なんですが。

2014/07/31 14:34:31 |

看護師は夜勤もあって大変ーというイメージをもっている方も多いと思います。実際、病棟で働く看護師はだいたい夜勤があります。病院によって、二交替と三交替があるので、夜勤の頻度や時間帯は変わりますが二交替の場合は夕方4時半頃から朝9時頃までの勤務で2時間くらい仮眠の時間があります。

 

三交替の場合は夕方4時半から0時の準夜勤と0時から9時の深夜勤にわかれています。なので仮眠はありません。個人的には二交替が好きです。もちろん、時間が長いので二交替の方が夜勤手当は多いです。そして夜勤の回数は少ないです。深夜勤の場合は0時から日付が変わるので、日勤の翌日に深夜っていう勤務がでてきます。

 

日勤後に夕方家に帰って、ちょっと休んでまたすぐ0時から仕事ということです。これがきつい…それに田舎の病院だと電車がなくて深夜勤に出勤できるスタッフ、準夜勤後にかえれるスタッフが限られます。治安によってはその時間に帰宅するのが危険だったりもするので、三交替は減りつつありますね。

2014/07/31 14:33:31 |

夜勤中は日勤よりも看護師が少ないです。でももちろん、生活している患者さんは同じ人数。急変だって、起きる確率一緒ですよねー。急変といってもいろんな急変があります。内科的な急変もあれば、精神的な急変もあって…

 

私は精神科で働いているので、むしろ精神的な急変のほうが多く経験してきました。精神的な急変は何がこわいって、暴力ですよね。暴力に対しては一応、研修があったりして対応を学んだりする訳ですが絶対的な力の差もあるし、なにより急変した時の暴力って普段の力より強い力がでてたりるすんですよね。なので基本的に女性は対応しません。

 

すぐさま男性を集めて対応です。内科的な急変の時もすぐに命に関わるような急変だったら他の病棟から人を呼んだり先生もまとめてよぶために院内救急コールがどのこ病院にもあります。呼び方はそれぞれの病院でちがったりしますがこのコールをするとスタッフが大勢集まります。

 

まぁ、その間他の病棟が手薄になる訳ですが。そうやって夜勤中もなんとか対応しているんですよー